ヒアルロン酸の種類

美容外科でシワの除去に活用されているヒアルロン酸には、いくつもの種類があります。美容外科によっても採用しているヒアルロン酸が異なりますが、料金の違いなどもありますから医師と事前によく相談するとよいでしょう。

例えば、日本の厚生労働省が認可しているヒアルロン酸としては、ジュビダーム・ビスタ・ウルトラプラスXCやパーレーンがあります。いずれも効果の持続性に優れている上に、それぞれに異なる特徴を備えています。パーレーンには真皮にまでおよんだしわに効果があり、ジュビダームは幅広い部位に効果的だといわれています。

世界初の二重構造型をしたヒアルロン酸として注目されている、ダナエ。ダナエと同じく細かい部分のしわにも対応できるとされているジュビダーム・バイクロスなど、しわの状態によってもヒアルロン酸の種類を使い分けることができます。粒子が細かいことから、皮膚になじみやすいビタールシリーズ。濃度が高く、しわ以外の部分に流れてしまいにくい性質のクレヴィエルなども、使用してみる価値があるでしょう。いずれのヒアルロン酸も、美容外科によって取り扱いがあるかないかが異なり、またしわの状態や部位によっても適したヒアルロン酸があります。