ヒアルロン酸の持続性

ヒアルロン酸の持続性は、一般に3ヶ月から1年ほどと考えられています。3ヶ月と12ヶ月ではかなりの幅がありますが、これにはヒアルロン酸の種類も関係しています。効果の持続性が高いことで定評のあるヒアルロン酸を選べば、長く持続してくれる期待を持てます。

もう一つ、ヒアルロン酸の持続性に関係しているのは、フェイスマッサージです。美容外科やエステの他、最近では家庭でもフェイスマッサージを日常的に行う人が増えています。フェイスマッサージを行うと、ヒアルロン酸の吸収が早まってしまうのです。ヒアルロン酸が悪い作用をおよぼすというわけではないのですが、体内への吸収が早まってしまえば、そのぶんしわへの効果の持続性は短くなります。

ヒアルロン酸の注入によってしわの改善を狙う場合は、ヒアルロン酸の効果が薄れてきたら、再度注入することができます。繰り返し施術を受けることができるため、しわが戻ってきてしまったときでも心配する必要はありません。人によっても異なりますが、大体3ヶ月に一度くらいのヒアルロン酸注入を続けると、しわに悩むようなことがなくなってきます。施術の当日には、飲酒や喫煙、激しく身体を動かすようなことは避けておきましょう。